はじめてのお客様へ|ブライダル専門のヘア&メイクサロンは
PARADISE(東京・大阪・新潟)へ

FIRST STEP TOWARD

はじめてのお客様へ

〜「パラダイス」幸せの4つのP 〜

  • Personal

    その人らしさを引き出す

    本当のあなたはどんな人ですか?
    あなたはどんな風に見られたいですか?
    結婚式では「あなたらしさ」を表現する場だと
    「パラダイス」は考えています。
    人の外面は内面を映す鏡。
    あなたの中にある気品、美しさ、可愛らしさ…。
    ヘア&メイクは内面を引き出し、
    華ひらかせるものなのです。
    あなたを変えるのではなく、
    あなたの心を表現するお手伝いをします。

  • Professional

    ずっと思い描いていたあなたへ

    「パラダイス」のスタイリストが担当するのは
    一日一組の花嫁だけ。
    リハーサルから当日まで
    一人のスタイリストが担当し
    ドレスや小物、フラワーコーディネイトなどの
    アドバイスを行いながら全体の印象をつくりあげます。
    信頼関係を大切にしつつ時間をかけてじっくり相談、
    花嫁と一緒に結婚式をつくりあげていく
    ことに喜びを感じています。
    技術に心をのせて
    あなたの想いを形にするのです。

  • Perfect

    完璧な美しさを目指して

    「もっと素敵に、もっとキレイに、もっと愛らしく!」
    「パラダイス」はいつもそう望んでいます。
    シルエット、ラインの流れ、質感、バランス…
    妥協を許すことなく、
    細部にまでこだわったヘア&メイク。
    自信と安心感に包まれた
    「心まで豊かになる美しさ」に
    全力を注ぎます!

  • Policy

    いつでも、いつまでも「笑顔」

    花嫁にとっていちばん大切なのは「笑顔」。
    喜びの心を素直に自信をもって表現できるように
    「パラダイス」は「笑顔」が素敵に輝く
    メイクを心がけています。
    花嫁の「笑顔」はゲストへの最大のおもてなし。
    あなたの中の上品さを引き出すヘア&メイクだから
    誰が見てもキレイと感じることができるのです。
    そして花嫁だけでなく、新郎、ゲスト、
    スタッフまでが「笑顔」になれる…。
    10年後に振り返っても「笑顔」が続く
    ウエディングを理想としています。

パラダイスはなぜ「安心」にこだわるのか…?!

-ブライダルヘア&メイクはどこも一緒。そう思っていませんか?

多くのカップルは結婚式の準備を会場選びからスタートします。
ホテルやレストラン、ゲストハウスなど、いわゆる「会場」には提携先のヘア&メイクサロンがあるのが一般的。花嫁はそれになんの疑問も持たずに、結婚式の準備を進めていきます。
けれどお二人が選んだのはあくまでも「会場」であって「ヘア&メイク」ではありません。

-最高の晴れ舞台に必要なのは、花嫁の専属スタイリスト

ブライダルヘア&メイクはいわば花嫁の専属スタイリスト。
そして当日までの心のサポーターでもあります。
ドレス、ベールやティアラなどの小物、ブーケとヘッドコサージュ(頭につけるお花)、
それらのアイテムの知識をきちんと持ち、全体のバランスや相性をしっかり取るのが
ヘア&メイクの役目。トータルで美的感覚を備えていなければなりません。

また、あなた自身のことを考えてみてください。結婚準備の忙しさ、環境の変化、体調管理
など、この時期に花嫁にふりかかることの多さ、煩雑さ、複雑さ。慣れないことばかりで
不安や悩みを抱える花嫁に対して、しっかりと心のケアができ、ゲストを迎えて緊張する
花嫁の気持ちを和らげてあげるのもヘア&メイクの役割だと「パラダイス」は考えています。

あなたは心から信頼できるヘア&メイクを選んでいますか?
それができるのが私たち「パラダイス」なのです。

ご利用方法

PARADISE HISTORY

パラダイスの歩み
1990年

アシスタントとして撮影入りしたTAROとけんすけが出会う。その後、TAROは渡米し、ニューヨークのサロンへ。

1992年

ファッション雑誌や広告のヘア&メイクをしていたけんすけが「EMarie」デザイナーの松居エリ先生のカタログにて、
ブライダルのヘア&メイクを担当。そのご縁で実際の結婚式でヘア&メイクを手がけるようになる。

    パートナーからのメッセージ

    『大切な花嫁さんであればあるほど「パラダイス」のヘア&メイクを切望します』

  • ウェディングドレス「EMarie」デザイナー 松居エリ様

    けんすけさん率いる「パラダイス」−−−−花嫁さんのヘア&メイクを考えたとき、こんなに安心できて信頼できるヘア&メイクスタイリストさんたちはいないと思います。
    ウエディングドレスをどんなに美しく完璧に創っても、ヘア&メイクが花嫁さんのことを大好きでないと、ドレスは輝きません。大切な花嫁さんであればあるほど「パラダイス」にヘア&メイクをしてもらいたいと切望します。
    世界中の花嫁さんに「パラダイス」の卓越したテクニックと花嫁さんを想う心の純粋さを声を大にして伝えたいです。どれほど、彼らが「花嫁さんのために」と思っているかを。
    けんすけさんと「パラダイス」のスタイリスト一人一人へ敬愛をこめて…

    >> http://www.eri-matsui.com
1997年

ブライダルヘア&メイクの奥深さに開眼したけんすけが「ブライダル1本宣言!」。雑誌や広告での仕事を卒業する。

    パートナーからのメッセージ

    ともに目指すのは『花嫁の笑顔』

  • 島内写真事務所 グラン・プラス代表 写真家 島内浩一郎様

    けんすけとの出会いはお互いが20代だったアシスタント時代にさかのぼります。
    その頃に音楽•ファッション業界で売れっ子だった私の師匠とけんすけの師匠がよく仕事をしていました、当然アシスタント同士も仲良くなった訳で。その後、ともに「花嫁のために」を合言葉にブライダルの仕事を始めるようになりました。
    新参者として、数々の苦難を乗り越え、いろんな現場で一緒になり、たくさんの仕事を見せていただきました。支度が出来上がる花嫁の表情を見ていると、みるみる輝いて行きます。花嫁が嬉しい顔になり、その幸せが我々周りのスタッフまでにも伝わっていきます。それはまた、写真にも相乗効果を与え、「あうんの呼吸」で撮影が進んで行きます。
    結婚式のメイクはとても大切です。パラダイスには違いがあります。情熱があります。
    私達の目指すモノは、「花嫁の笑顔」です。

    >> http://granplus.jp/
1998年

「25ansウエディング」にけんすけが初登場。話題のヘア&メイクとして取り上げられるように。

2000年

映像カメラマンの「スリーワークス」代表の大原さんと出会う。
大原さんからのご紹介により、プライベートサロンを西麻布に移転。
ドレスサロンからのご紹介を中心に、花嫁さんからの指名が増える。

    パートナーからのメッセージ

    『花嫁になるという瞬間』

  • 株式会社スリーワークス代表 大原勲様

    結婚式のムービー撮影で一番好きなシーンは?と聞かれたら、迷わず「メイクシーン」と私は答えます。それは単なるお支度の時間ではなく『花嫁になるという瞬間』が存在しているからです。
    ゆるやかな時間の流れの作り方、メイクさんとの信頼関係、ビューティーのクオリティ。パラダイスの結婚式のヘアメイクのあり方は、どれをとっても撮影冥利につきます。
    その時間の中で、緊張感、嬉しさ、期待、寂しさ、など色々な表情を映すことが出来るのです。さらにヘアメイク次第でその1日の表情も大きく変わります。満足している表情や安心している表情がベースとして存在してなければ、最上級の表情を映すことが出来ません。だから私にはパラダイスのメイクが必要不可欠なのです。

    >> http://www.3-works.com/
2003年

「25ansウエディング」ヘア&ビューティ号vol.1にて特集ページが組まれる。
その後も、次々と作品やスタイリストが取り上げられ、話題のサロンとして注目を浴びるように。

    パートナーからのメッセージ

    『ブライダルヘア&メイク界に改革を起こした けんすけさんの花嫁への思い』

  • 25ans ウェディング編集長 相磯恵実さん

    まだ「ブライズビューティ」という言葉もなく、花嫁は会場の美容室で誰もが同じようなヘア&メイクをされていた時代。「花嫁をもっと美しくしたい」と熱い思いをもって編集部へ現れたけんすけさん。それからすぐ、『25ansウエディング』で「けんすけメソッド」の特集を組み、それが読者へ大反響。「花嫁は自分の当日のヘア&メイクにすごくこだわりがあったのだ」ということを目の当たりにしたことが、『25ansウエディング ヘア&ビューティ』号創刊にもつながりました。その後けんすけさんの思いは「パラダイス」の理念の根本に息づき、そしてブライズビューティ界全体を変える力になったと私は信じています。

    >> http://www.the-wedding.jp/
2003年

大阪に「パラダイスWEST」がオープン。

2005年7月

株式会社パラダイスとして法人登記。けんすけが代表、TAROが副代表として正式なパートナーに。

    パートナーからのメッセージ

    『永遠に続く花嫁さんの信頼』

  • 株式会社カノウウエディングオフィス 代表取締役 狩野 努様

    私が初めて「パラダイス」のヘア&メイクを見たのは、パークハイアット東京にいた時でした。その当時はホテルにとって持ち込みの美容は、あまり好ましくない存在でした。ただ、花嫁さんの希望によって何度も持ち込みが入る「パラダイス」を見ているうちに「なんて花嫁さんと仲がいいんだろう」と興味を持ち、感心するようになりました。
    数年後、マンダリン オリエンタル 東京を立ち上げる時にけんすけさんがいらっしゃり、その考え方や高い技術を知り、あらためて本当の「パラダイス」の素晴らしさに感動しました。ホテルとの契約にあまり関心がなかったけんすけさんを単身で個人的に口説きにいき、いろいろな話をして、快諾いただいたときは大変うれしかったです。これでホテルウエディングも変わることができると確信した瞬間でした。
    今も花嫁さんの絶大な信頼を勝ち得ている「パラダイス」。
    これからもずっとずっと永遠に続いていくことでしょう。

    >> http://www.kanoweddingoffice.com/index.html
2005年12月

ホテル「マンダリンオリエンタル東京」のオープンに合わせて、ホテル内にサロンを移転。

2009年

「パラダイス新潟店」がオープン。
各方面とパートナーシップを組みながら、数多くの花嫁さんから支持されることに。

    パートナーからのメッセージ

    『すべての満足度を高めてくれる場のエネルギー』

  • フラワーデザイナー「STYLE OB GLOBE」代表 恒石小百合様

    かれこれ、けんすけさん、TAROさんと出逢って20年近くになるのかしら…。
    ずっと要所要所でご一緒させていただいていますが、とにかく場のエネルギーを高めてくれる集団であります。
    それというのは、技術的な面だけでなく気持ちという部分のクオリティ度が高いということ。
    すべての満足度が高いということをいつも実感しています。

    >> http://sog1.jimdo.com
2015年

会社設立10周年

20XX年

「日本中の花嫁を笑顔に」